親知らずは抜いたほうがいい?

生えている状態を調べよう

違和感を抱かないなら大丈夫

まっすぐ生えていて、特に痛みや違和感を抱かない場合は親知らずを抜かなくても良いと言われています。
無理に健康な歯を抜くと、周囲の歯や神経に負担を与えてしまいます。
そこから虫歯など、口内の病気に発展することも考えられます。
知識を持っていない素人が、勝手に親知らずを抜くか判断しないでください。
気になったら、歯医者に行って医師に相談しましょう。
医師なら的確に親知らずの状態を見極めて、どうすれば良いのか指示を出してくれます。

ただ変に生えている場合は、そのままにしていると歯全体に負担を与えるので抜いた方が良いと言われます。
例えば親知らずが少しだけ生えても、その状態でずっと止まっている場合です。
しばらく待っても生えてこない親知らずは、残念ですがそのままになってしまいます。
放置していると歯周病になる恐れがあるので、早めに治療しましょう。
親知らずが手前の歯を押している際も、歯並びが悪くなるので抜いてもらってください。

親知らずが曲がって生えると、上下の歯がかみ合わなくなります。
すると親知らずは延々と伸び続けるので、次第に噛んだ時に歯茎を噛むようになります。
口内を傷つけてしまうので、その場合も抜く必要があります。
また、親知らずも虫歯になります。
特に親知らずは最も奥に生えているので、歯ブラシが届きにくい場所でもあります。
気づいた時には、虫歯が進行していると医師に言われるかもしれません。
虫歯が伝染しないうちに、抜いて治療しましょう。

TOPへ戻る