親知らずは抜いたほうがいい?

生えている状態を調べよう

>

いくら待っても生えてこない

少しだけ生えている状態

生えてきたと思っても、途中で成長がストップする場合があります。
通常は生えてきてから数日経過すれば、親知らずは完全に生えます。
しかし数週間待っても親知らずが正常な大きさにならない場合は、成長が止まっていると思ってください。
その状態では歯周病を引き起こすので、中途半端な親知らずは抜いてください。

また成長が止まっているのではなく、親知らずが横や斜めに生えている場合もあります。
その時も同じように、歯の病気になりやすいので抜いてもらった方が良いでしょう。
歯を抜く行為は、意外と早く終わります。
ですから仕事をしている人でも、仕事帰りに歯医者に行くことができるでしょう。
放置してはいけないので、時間を見つけて訪れてください。

歯並びを綺麗にするために

これまでは普通の歯並びだったのに、急に悪くなってしまう人が見られます。
それは親知らずが横や斜めに生えてきたことが原因で、他の歯が押されていることが原因です。
親知らずを抜くことで、歯並びが綺麗な状態に戻るので大丈夫です。
歯並びが悪いと、噛み合わせも悪くなってしまいます。
すると、これまで通り食事を済ませることができないでしょう。

また見た目も悪いので、人に見られることを気にして外出できなくなる人もいます。
歯並びが悪くなっただけで、日常生活に大きな影響を与えると忘れないでください。
すぐに治療しないと、歯並びを治すまでに時間が掛かります。
余計な費用も発生するので、異変に気付いた段階で医師に治療を任せましょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る